2010年11月15日

五臓六腑の五行論

東洋医学というものは、西洋医学では効果が無い病気に対する治療法もしくは西洋医学と併用して行う治療法として、注目を浴びています。
足つぼ療法は、針灸治療に並ぶか、それよりも比較的簡単に行える治療法として人気が高まっています。。

東洋医学の考え方の基本とされているものに、古代中国の哲学、陰陽論と五行論があります。
宇宙の万物は陰と陽という二つの相反する要素によって成立しているという理論が陰陽論となります。
もうひとつの五行論には、自然界に起きるさまざまな現象を木火土金水という五つの要素に分類して、その因果関係を説明しようという理念があります。

人間の身体の中に存在する臓器、五臓六腑も、すべてその五つに当てはめて考えることになります。

「木」に所属するものは胆の腑と肝の臓
「火」に所属するものは小腸と三焦の腑と心の臓
「土」に所属するものは胃の腑と脾の臓
「金」に所属するものは太陽の腑と肺の臓
「水」に所属するものは膀胱の腑と腎の臓

また、病気というものは、これらの五行の乱れが原因して生じると考えられています。
木火土金水の五行の調和を踏まえた上で、それに属する五臓六腑をコントロールすることによって、病気を治していこうという考え方なわけです。

肺経、太陽経、などはつぼが存在する経路です。
肺の臓を巡る経路には肺経、太陽の腑を巡る経路には太陽経といった具合に、それぞれが巡る臓腑の名前が付けられています。
これらの経路は関連する臓腑にエネルギーを与える役割を果たしているのです。
つまり、足つぼ療法もこのような考え方に沿って、不調を来たしている臓器につながっているつぼを刺激するという治療です。
ラベル:五行論
posted by nondisease at 17:43| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。