2010年12月16日

つぼ刺激の作用

つぼ刺激の作用は以下のようなものです。
これはマッサージ 足立区とは別の話です。

◆消化器、呼吸器、泌尿器系の器官をコントロール

胃や小腸などの消化器の運動や分泌の働きが衰えているときにつぼ刺激をすると、その機能が回復へと向かいます。
その一方、亢進している時につぼ刺激を行うと、抑制する効果があります。
同じく呼吸器や泌尿器に関しても、換気量や利尿排尿機能のコントロールを行う効果があります。

◆血液循環を良くする

足先の冷えには、つぼ刺激を与えることで改善効果があります。
例えば、片足だけにアロママッサージ 大阪ならぬつぼ療法を行ってみたあとに、サーモグラフィーなどで左右の皮膚温度を較してみると、その違いから効果が判断できます。
つぼ刺激を行ったほうの足先だけに皮膚温度の上昇が見られることがよくわかります。

◆神経系に影響を及ぼし痛みを抑える

つぼの刺激は、モルヒネに似た物質を体内に発生させます。
この作用が、痛みを抑える効果を発揮しているといわれます。

◆内分泌系(ホルモン)のコントロールを行う

◆生体防御機能をコントロールする
ラベル:つぼ 作用
posted by nondisease at 13:34| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。