2010年12月27日

足つぼの刺激方法

足つぼの刺激方法は以下のとおりになります。
足つぼ刺激は、床に座って行なうのが一般的です。
マッサージする足を反対側の太ももに乗せ、いわゆるあぐらをかくことで安定した姿勢になると思います。
椅子に座っておこなうときは、足裏を上に向けて反対側のひざの上に乗せてください。
また、足つぼ健康法は、何といっても保温が重要となります。
片足ずつ東京 マッサージするので、やっていない方の足が冷えないようにも注意します。
タオルやひざ掛けで足を冷やさないように気をつけながらするのが良いですね。
足を揉むと血液循環がよくなるのでポカポカしてくると思いますが、その足を冷やしてしまうと効果は半減してしまいます。
足もみ後も保温に気を配って、あったかい蒲団でそのままマッサージ 岡山市中区就寝するとよいでしょう。

・必要であれば、他の指で支えます。
・足もみをする前に、あらかじめ手をよく温めておきましょう。
・1カ所を5回から10回押し揉みますが、もむ時間は30分以内に抑えます。
・足が温まった状態で刺激するのがベストですので、入浴後や就寝前に行なうとよいです。
・途中で力を弛めた場合でも、指を肌から離さないようにします。
・親指の指の腹を使って押し揉むのが基本です。
ラベル:効果 つぼ
posted by nondisease at 13:33| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。