2011年03月30日

足の筋肉痛を解消するツボ

足の筋肉痛を解消するために
血行を促進させて、
溜まった疲労物質を
解散させていきましょう。

血行を促すのは
承山と足三里というつぼです。

・承山(しょうざん)
足の裏側、ふくらはぎの山を
足首に向けて降りていくところにある、
くぼみに位置しています。

・足三里(あしさんり)
足の表側で向こうずねの縁の少し外側、
親指をすねに当てたときに
小指が当たるところに
位置しています。
親指の先で、
強くすり込むように押しこみましょう。
posted by nondisease at 19:31| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

妊娠中の腰痛にマッサージ

妊婦の時の腰痛は、妊婦さんには重荷ですね。

足のむくみがひどくもなります。
これは、自分でマッサージしたりすることで解消できます。

ウォーキングや安産体操
などの適度な体操、温かいお風呂にゆっくりつかって
血行を促進する事も、腰痛対策には効果的です。


妊娠中はうつ伏せ姿勢がとりづらいですね。
そのため、腰や背中をマッサージする時は
横向きになるか、もしくは、椅子にまたがった姿勢が行いましょう。


※妊婦の方は足ツボマッサージやアロマオイルの使用には気をつけましょう。
posted by nondisease at 13:10| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月24日

肘の痛みを解消

肘の関節の酷使は、関節を疲労させて
痛みを伴うようになります。

テニスひじですが、代表的な症状です。

また、仕事でひじを酷使していたり、
重いもの持っている方は、
同じような症状になることがあります。

放っておくと腱鞘炎に発展することがあります。

足つぼを刺激して痛みを抑えましょう。

・肘関節(ひじかんせつ)
足の小指から1/3くらい下のゾーンにあります。
ひじが痛いときは右足を刺激、
左肘が痛いときは左足を刺激して下さい。
痛みが、軽いときは弱く刺激しましょう。

◆知っておきたいマッサージサイト◆
人気があるアロママッサージのサロン(中目黒)
マッサージの学校を下がるのに役立つ(埼玉)
posted by nondisease at 17:45| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

寝違えたときにつぼ刺激

寝違えたときには、つぼ刺激で血行を促進させて首の筋肉をほぐしましょう。
首の筋肉に対応するつぼは 大椎、肩中兪、天柱、風池です。

大椎(たいつい)
首の後ろ側の、首を前に倒し左右に振ると動く骨とその下の骨の間のくぼみに位置します。
弱い力で長く刺激しましょう。温熱刺激も効果が期待できます。

肩中兪(けんちゅうゆ)
大椎ツボから外側に指3本分のところに位置します。やや強めに刺激します。

天柱(てんちゅう)
首の後ろにある筋肉の外側で、髪の生え際を刺激します。
強めに刺激しましょう。

風池(ふうち)
天柱ツボのさらに指1本分外側にあるくぼみに位置します。
強めに刺激しましょう。
posted by nondisease at 11:47| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

足つぼ刺激のメリット

有名なことですが、
足裏にはツボが集中しています。

ツボ療法の中でも、足つぼマッサージが有名なのは、
足の裏に多くのツボが存在しているからです。

PR⇒マッサージを神田に呼び寄せよう

では、こういったツボを刺激すると、
身体の状態が改善される理由を、ご存知ですか?

その一つは、ツボを刺激すると、
消化器・呼吸器・泌尿器系の器官を
調節することが出来るからです。

PR⇒マッサージ情報満載サイト(東京周辺)

ツボを刺激すると、これらの器官を
正常な状態に戻すように働きかけてくれます。

内臓の慢性的な不調は、西洋医学の治療では、
あまり効果が望めないので、
これらの不調を改善したいのなら、
ツボ療法を、実施することがオススメです。
posted by nondisease at 18:01| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。