2011年01月21日

風邪に効く足つぼ

風邪が万病のもとと言われているのは、さまざまな病気の出発点となることが多いからなのです。

のどの痛みやせきに対しては、気管支から食道、肺のゾーンをマッサージして刺激を与えてあげると効果があります。
腎臓のゾーンは内臓を支配しているので、抵抗力を身体につけることで体力を回復させてくれます。

気管支ゾーンとは、足の裏側の親指と人差し指との股の間に位置しています。
かかとに向けて、じっくりと気管支ゾーンをマッサージしてあげると、のどの痛みやせきなどの症状が改善されるとされています。

オススメ:江戸川区 出張マッサージ

腎臓のゾーンとは、土踏まずのほぼ中央あたりに位置しています。
刺激してあげることで、内臓の働きを活発にしてくれて、体力を回復するのに効果がもてるでしょう。
風邪を予防するためにも、普段からこのゾーンをもむ習慣をつけているといいでしょう。

PR:マッサージ

肺ゾーンは、足の裏側の中指と薬指の下に位置しています。
咳や胸がぜいぜいするなどの症状を和らげる効果をもっています。
右足は右肺に、左足は左肺に対応しているので、苦しい方の肺に対応している方に重点をおいてもんであげるといいでしょう。
呼吸器系が少し弱い人は、普段からもんであげると、風邪などの予防として最適となっています。
ラベル:つぼ 効果
posted by nondisease at 19:17| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。