2011年02月02日

つぼで腰痛改善

腰は体重のほとんどを支えているため負担がかかりやすく、筋肉疲労が起こりやすいです。
この筋肉疲労が腰痛の原因となってしまいます。
内臓の不調やストレスからくる腰痛もあり、慢性化しやすいので気をつけましょう。

湧泉:湧泉は、体力や気力を高めて体全体を元気にする万能のツボで、土踏まずのやや上の中央、足の指を曲げてへこんだ所にあります。両手の親指の先を使って強く押し揉みます。
3秒間隔で押したり弛めたりの刺激を交互におこない、湧泉が温かくなるまで繰り返します。
出張マッサージ 阿倍野区で腰をほぐす

腎臓:腰痛の原因として内臓のはたらきが悪くなっている場合、
体全体にエネルギーを送り出す場所で、なおかつ内臓の要である腎臓を刺激すると効果的です。渋谷区 マッサージで肩をほぐす

坐骨:お尻の骨である坐骨は、座ったときに体重が最もかかる部分。ですから、右腰が痛いときは右足、左腰が痛いときは左足という具合に、痛い方の足裏を重点的に刺激してください。両足を揉むと予防的効果が期待できます。
タグ:腰痛 つぼ
posted by nondisease at 15:28| つぼ療法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。